映写幕 レンタル

映写幕 レンタル

プレゼンや、展示会場でのプロモーションに最適の映写幕です。

▼まずはお好きなタイプをクリックしてください。各商品詳細にジャンプします。


 

映写幕80インチ映写幕80インチ裏面
この商品の詳細

映写幕80インチ PRO-011

サイズ
幅(W)1930×奥(D)1670×高(H)1670mm(80インチ)
有効表示サイズ
1771x996mm
メーカー/品番
キクチ科学研究所/GUP-80HDW
素材
ホワイトマット
巻き上げ方式
手動

スクリーン(80インチ)を撮影した動画はこちらです!

映写幕80インチ レンタル料金

※前日納品日、翌日返却日は使用日に含まれないので大変お得です!!
3,240円(税込)〜 (税別:3,000円)
2泊3日まで3,240
追加1日648
1週間料金6,480
2週間料金9,720
1ヶ月料金12,960
追加一ヶ月6,480


FAXの方はこちら!

※PDFでファイルが開きますので、プリントアウトして
弊社宛にFAXしてください。
映写幕80インチに関するコメント

スクリーンの開閉は下にひっぱるだけととても簡単です!
展示会でのプロモーションに映写機と合わせてどうぞ!

▲映写幕のページ先頭へ

 

映写幕自立型 レンタル
この商品の詳細

映写幕自立型 PRO-013

【外径サイズ】
 幅(W):2192mm
 高さ(H)2526mm

  【スクリーンサイズ】
 幅(W):2032mm
 高さ(H):1524mm
 (100インチ)

  【梱包サイズ】
 2300×180×150mm

  【重量】
 20kg
映写幕自立型 レンタル料金

※前日納品日、翌日返却日は使用日に含まれないので大変お得です!!
5,400円(税込)〜 (税別:5,000円)
2泊3日まで5,400
追加1日1,080
1週間料金10,800
2週間料金16,200
1ヶ月料金21,600
追加一ヶ月10,800


FAXの方はこちら!

※PDFでファイルが開きますので、プリントアウトして
弊社宛にFAXしてください。
映写幕自立型に関するコメント

広い会場全体のお客さまに見えるようにしたい時にお使いいただけるのがこの映写幕です。
100インチサイズなので、大型イベント会場や、ホールでもご利用いただけます。
スクリーンの組み立て方は下記をご覧ください。

スクリーンの組み立て方説明です。


スクリーン設置方法 ?フットを広げる

フットを広げます。
梱包ケースに付いている左右のフットを90度回転させ、スクリーンを自立させます。
ケース右側を片方の手で軽く持ち上げ、もう片方の手でフットを90度回転させ床に置きます。
同様に左側も軽く持ち上げた状態でフット部分を90度回転させ床に置きます。

スクリーン設置方法 ?スクリーンを引き上げます

スクリーンを引き上げます。
上部中央に取付されているハンドルをしっかりと握って、ハンドルロックを解除しながらゆっくりと真っ直ぐ上へ持ち上げます。
注意点
・スクリーンを引き上げる際はハンドルを握って持ち上げてください。
トップバーの部分を握ると指をはさみ怪我をする恐れがあります。
・アッパーアームの左右のどちらかだけ持って持ち上げないでください。
アームが変型し正常に機能しなくなる恐れがあります。
・スクリーンを引き上げている途中で、ケース上面から800mm以内では、手を離さないでください。
この間はフリーストップ機構が機能しない範囲ですので、スクリーンが落下して破損する恐れがあります。
・異音の原因となりますので、手前に引いたり後ろに押しながらスクリーンを引き上げないでください。

スクリーン設置方法 ?スクリーンを引き出します

スクリーンを引き上げます。
上部中央に取付されているハンドルをしっかりと握って、ハンドルロックを解除しながらゆっくりと真っ直ぐ上へ持ち上げます。
注意点
・スクリーンを引き上げる際はハンドルを握って持ち上げてください。
トップバーの部分を握ると指をはさみ怪我をする恐れがあります。
・アッパーアームの左右のどちらかだけ持って持ち上げないでください。
アームが変型し正常に機能しなくなる恐れがあります。
・スクリーンを引き上げている途中で、ケース上面から800mm以内では、手を離さないでください。
この間はフリーストップ機構が機能しない範囲ですので、スクリーンが落下して破損する恐れがあります。
・異音の原因となりますので、手前に引いたり後ろに押しながらスクリーンを引き上げないでください。

スクリーン設置方法4

スクリーンを引き出します。
ハンドルを聞き手で持ち上げてスクリーンを引き出してください。
※スクリーンを引き出すときは、必ずスクリーンを引き出してください。
手が届かない場合は付属のアップダウンバーをハンドルベースの溝に差し込んで押し上げてください。 ※手前に引いたり後ろに押しながらスクリーンを引き上げるとスクリーンのアームが前傾したり、後傾する原因となります。(アームを垂直方向に戻すことで改善されます。)

スクリーン設置方法5

スクリーンの直立を調整します。
設置する床面の状態によってはスクリーンが床面に対して直立しないことがあります。
この場合はフット先端のフットアジャスターで調節します。
(フットアジャスターは、出荷時に一番短い位置で調整されています。)

フットを横から見たときに前側に床との隙間がある場合は、前側のフットアジャスターを時計回りに回転させてフットの前側を高くして調整します。
この状態でスクリーンが傾斜している場合は、左右のフットの前側のフットアジャスターを同じ回数だけ
回転させて高くしていき、直立するまで調整します。フットアジャスターの調整範囲は最大で5回転(高さ=8mm)までです。

スクリーン設置方法6

スクリーンが正常に止まらない場合
※後方のアームホルダー部分が分離していることがあります。スクリーンのセンター付近でジョイントしなおすことで正常に止まるようになります。

▲映写幕のページ先頭へ

 

映写幕吊下げ型 レンタル
吊り下げ型の映写幕です!
この商品の詳細

映写幕吊下げ型 PRO-014

スクリーンサイズ:W3000×H3000(吊下げ型)
映写幕吊下げ型 レンタル料金

※前日納品日、翌日返却日は使用日に含まれないので大変お得です!!
21,600円(税込)〜 (税別:2,000円)
2泊3日まで21,600
追加1日4,320
1週間料金43,200
2週間料金64,800
1ヶ月料金86,400
追加一ヶ月43,200


FAXの方はこちら!

※PDFでファイルが開きますので、プリントアウトして
弊社宛にFAXしてください。
映写幕吊下げ型に関するコメント

映写会で映画も上映できるほどのスクリーンサイズがあります!
上から吊り下げるタイプですので、設置場所にはお気をつけください!
広くてやや明るい展示会においても、十分お使いいただけます。

▲映写幕のページ先頭へ

映写幕をお探しの方には、こちらの商品もお勧めです!

▲映写幕のページ先頭へ

展示会レンタル施工.jpの特徴

こちらは、展示会に関することを専門的に取り扱った総合情報サイトです!

什器、間仕切りパネルなどのレンタル品の貸し出し・施工や、カメラマンや映像制作の手配代行サービス、この世のあらゆる分野の展示会に対応すべくプラン化した展示会パッケージなど、イベント業者だからこそご提案できる展示会の形を、もっと多くの方に知ってもらいたいという想いで当サイトを運営しております。創業以来培ってきた実績と経験を持つ弊社は、これまで数多くの展示会成功のお手伝いをして参りました。
映写幕を始めとした、成功する展示会に欠かせないアイテムの情報を全国発信し、レンタル、施工、製作、デザインまで、全行程を弊社にて対応しております。 これからご出展をご検討中の皆様、展示会を主催される予定の皆様。「頼んで良かった」と思っていただけるよう、精一杯尽力させていただきます!
私達が全国各地のお客様に呼んでいただける理由をどうぞお確かめください!

▲映写幕のページ先頭へ

全都道府県の展示会に全国対応

営業エリアは全都道府県の展示会で御座います!東京や大阪などをはじめとした全国エリアでの展示用什器レンタル及び、会場施工に対応しております。弊社は大阪を中心に京都や兵庫、滋賀など関西エリアのお客様との得意としてきましたが、最近は大変ありがたい事に東京を中心とした関東方面からのお問い合わせも多く、近畿一円と同等以上の数の展示会をお手伝いさせて頂いております。
構築してきた協力業者ネットワークも増加し続けており、どこでも即対応出来る体制へと日々歩みを進めております。
埼玉、千葉にはじまり、北関東の栃木、群馬、茨城の会場にも直接施工に伺う事も御座います。その他、名古屋、静岡、岐阜、三重の東海地方のお客様、そして広島や岡山、山口などの四国、更には福岡や長崎を中心とする九州のお客様もお声がけ下さいます。
皆様のご期待を裏切らないよう、一生懸命良いモノを創るお手伝いをさせていただきますので、何卒宜しくお願い致します!

▲映写幕のページ先頭へ

このページのトップへ
私達から社会への、小さな恩返し。
新聞の取材受けました!
展示会に関するイベント21ブログ

    展示会施工会社

    プロジェクターレンタル

確認画面
展示会パッケージ
展示会業者Note
  • 展示物の置き方
  • 効果的な顧客獲得方法

展示会用品レンタル